歯科使われる器具について

歯科医院の器具を紹介

歯科治療の器具の特徴

歯科の治療では固い歯を削ったり、また穴の開いた虫歯の中に的確に薬を充填したり、或いは抜歯を行ったり義歯を調整して埋め込んだり、そのすべてを患者が座っている前で行う必要があります。また非常に狭い患者の口の中においてその施術を行わなければならないため、その用途に応じて様々な器具を使い分けます。その種類は一般的な病気の治療の際に使う道具の比ではありません。歯科医はそれらの器具を用途に応じて使い分けるところから習得しなければいけません。誤った使い方をすると、患者に怪我をさせてしまったりするので十分な注意が必要になります。

救急システム

歯科医院で使われる器具

歯科医院では、たくさんの器具を使って治療をします。その中でもデンタルミラーは治療に欠かせない存在です。細長い棒の先に鏡がついていて、直接見ることができない奥歯や、歯の裏側を確認することができます。ものを挟むピンセットや、歯の状態を触ったりするエキスカも必要です。歯科の診療台には、歯を削るためのエンジンがついています。水と空気を出すシリンジと呼ばれるものと、水や唾液を吸い取るバキュームもおなじみです。歯を抜くための器具など、治療に合わせたものもあります。どれも、きちんと消毒、滅菌されて清潔な状態で使用されます。

↑PAGE TOP