歯周病になりやすい環境

歯周病を予防する方法

歯周病の説明と予防法

歯周病とは、歯と歯茎の間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起きる病気の事です。炎症が歯茎に限定されている時は、歯肉炎と呼ばれそれ以上進行すると歯周炎と呼ばれます。歯周病は、歯垢が歯茎の炎症を引き起こす事から始まります。その為予防するには、毎日何気なく行っている歯磨きを歯ブラシが歯と歯茎の間に届くように気をつけながら細かく動かして歯垢を落とす事が大事です。毎日、すみずみまで毛先を当ててブラッシングする事です。出来れば定期的に歯科に行き、歯石を除去してもらう事でかなりの予防効果があります。

救急システム

インプラント手術することの利点

近年多く行われているインプラント手術。虫歯で歯を抜いてしまったり歯周病で抜けてしまうと、二度と歯がはえてくるということはありません。入れ歯やブリッジという繋がったかぶせ物などで対処するしかありませんし、そのまま治療せずに置いておくわけにもいきません。何かを食べるたびに隙間にものが挟まったり、噛み合わせがなかなかしっくりいかないなど不便もたくさんあります。その点インプラントは天然の歯のような噛み合わせを感じることもできますし、人工の歯根をしっかりと埋め込みますので、すぐに外れる心配もありません。

↑PAGE TOP