インプラントの仕組みって

インプラントの仕組み

インプラントはどんなもの

歯周病や事故によって歯を失った場合、今まで処方されていたブリッジ・入れ歯の他に選択される治療法としてインプラントがあります。治療法はまず最初にあごに金属を埋め込み、それを土台にしてさらに人工的な歯の冠を埋め込むという治療法です。このあごに埋め込まれる金属はチタンという金属で、これはあごの骨と非常に馴染みやすく性質をもっています。これにより土台となる金属があごの骨にがっちり固定され、お食事の際に噛んだときの違和感もなく、本物の歯と同じように楽しくお食事ができるのがインプラントのメリットです。

救急システム

インプラントの仕組みとは

インプラントは、歯周病などで抜けてしまったり無くなってしまった歯の代わりに、人工歯根を埋め込む方法です。一度手術を行なうと、半永久的に健康な歯を維持していくことができますので、美しい歯を持ち続けることができます。人間にとって歯はとても大切なものです。できるだけ長く健康な歯を保ちたいものでしょう。しかし、年齢を重ねるとともに歯の不具合は出てきてしまいますので、一つの方法として考えていくのもいいでしょう。

↑PAGE TOP